スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想選定範囲/第388回 

01 03 08 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 36 37 38 39 40

私の苦手な出現パターンとして、筆頭に上げられるのが分散出現である。
43数字の中から無造作に6個の数字を選出しても、あたる気配がない。

今回のようにa、bブロックに半々で出現すると、一つのブロックに絞った方法では効率が悪い。
そこで思い立ったのが、先に述べた変則予想である。
自信をもった何かを得られていないので、範囲は未定ではあるが、おおよそ10~13個間から数字を拾うだろう。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

スポンサーサイト

ロト6当選番号/第387回 

抽選本数字 : 12 16 19 27 30 32
ボーナス数字 : 38

本数字のみを見るならば、12~32の間に集まったといえる。
変則的な選定がマッチするかどうかは、個人の主観に任せるとして、現在の流れではこの変則的な選定方法がマッチするのではないだろうか。

予想選定範囲との兼ね合いも考慮し、第388回はこの選定方法で予想を行ってみる。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想/第387回 

21 23 24 25 32 36 40 42 43

第387回で予想の主軸としたのは、先日の記事どおりbブロックを中心とし、蘇生数字に期待である。
1回の抽せんごとに約1個の死に数字が蘇生をしている。

極端な偏りが多い昨今、バランスよく43数字から選定するよりも、bブロックにヤマをはり、ヤマが的中すれば、もしかしたら1等も可能である。
もう1つのポイントとなる死に数字は、32と42。両者とも引き当てからの蘇生が濃厚だ。

主にこの2点での勝負となる。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想選定範囲/第387回 

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 32 33 34 35 36 38 39 41 43

流れのみを追うのならば、ややaブロックが優勢となる。
ここ3~4回の流れはとても不安定で、右に左に動いている。局地的な集中も見られ、予想選定を行う上で、不安定な要素が多い。

以上をふまえて、第387回は流れという要素を取り入れず、スライド式の理論からbブロックのみの予想とする。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6当選番号/第386回 

抽選本数字 : 02 09 11 15 23 25
ボーナス数字 : 27

後半に集まった数字は、進路を変え、前半~中盤に集中した。私の予想はbブロックのみでの予想を組み立てたため、わずか1個の数字しか拾えなかった。

予想選定範囲外からの出現も、この状況を悪化させた原因となっている。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想/第386回 

22 23 27 28 32 33 35 36 39 43

21以降の数字のみで予想を形成した。流れの方向転換はないとふみつつも、いつしかその流れは移行を始める。


一つの仮定として、『数字の集中』の意味合いは変化してきているのではないだろうか。
このブログでは43数字をaとbの2極に分けているが、第384、85回に見られるように、ブロックという概念に縛られることなく、狭い範囲での集中出現が発生しているのが見てとれる。

つまり、起点とした数字からプラス10辺りまでの数字を拾い、そこから数字を組み合わせるのである。
例えば01を起点とした場合、終点は10となる。01~10の間に的を絞って予想を組み立てる。的を射ることができれば、複数当せんに加え、上位の当せんすらもねらえることになる。


ちなみに、冒頭の予想は逃げ腰のため、bブロックに的を絞って予想してある。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想選定範囲/第386回 

04 05 06 07 08 09 16 18 19 20 21 23 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

局地的な大集中と分散の二者択一とするならば、現在の流れは前者にあるといえる。
ただし、中盤あたりを漂っていた流れが、急に方向転換するとは考えずらいのも一考。データから推測していないので、あくまでオカルトと捉えてほしい。

理論を提唱しているのに、オカルトがでてくるのもまたおかしな話ではある。
1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6当選番号/第385回 

抽選本数字 : 06 31 34 35 37 40
ボーナス数字 : 07

ねらいはよかったものの、やはりそこは選定センスの無さが表面化。見事に的中数字1個な結果。

ここ最近はやたらと偏りが多く、的を絞って予想選定すれば、場合によっては的中率があがるだろう。
新たな流れができ始める可能性も捨てられない。次回も第385回と似たような形での予想とする。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想/第385回と組み合わせに関して 

13 14 15 22 23 27 32 33 35 36

上記の予想は、前述したとおり、13~36までの区間に絞って選定したものである。
予想数字の中心となっているのは13~23のブロックと、27~36までの2ブロック。

現在10台後半~20台中盤に数字の流れがあると見ている。私的な考えではあるが、この流れが後半30以降に流れていくとふんでいる。ただし、その流れは緩やかなものであり、急激に変わることはない、といいが。


話は変わり、ある程度の数字を予想選定したときに、重要になる数字の組み合わせ。私の予想数字は平均して9~11個。自身で組み合わせを行うと、大抵偏りができてしまう。偏った組み合わせにより、当せんするときも、外れるときもある。

宣伝になるが、決められた予算内で、効率よく数字を組み合わせることができるよう、東京経済から『複数当選 黄金配列帳』という書籍を発刊している。

前述の通り、個人で効率よく、組み合わせを効率を行うのは難しい。数字に弱い私などは特に。

この『複数当選 黄金配列帳』には、予め決められたフォーマットが用意されており、そこに数字を記入するだけで、簡単に組み合わせができ、効率よく複数当選をねらうことができる。
複数当選とは、例えば10個の数字を組み合わせ、10パターンを購入した場合、複数の当選が出ることをいう。3等1本、4等2本、5等3本……などといった形だ。

頭をひねらず、手間のかからない本書を、是非一度目を通してほしい。

※本書は予想を行うためのものではなく、効率よく数字を組み合わせ、複数当選をねらうための書籍である。誤解のないように。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想選定範囲/第385回 

01 06 08 11 13 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
25 27 29 31 32 33 34 35 36 37 39 40 41 42 43

予想を行う上で、数字の流れを見る方法は大きく分けて2通り。
分散か集中である。
分散とは、43数字中に本数字、B数字がバランスよく出現している状態のことで、近い例を挙げれば第381回などがそれにあたる。

一方、集中に関しては、ある区間に数字が集中して集まることである。集中が連続で発生することにより、一つの流れと捉えることができる。集中の例は、第384回において見られた17~22の区間に4個の集中発生などがある。

広義でいえば、分散出現の連続発生も一つの流れといえる。

現在の流れは、ある区間に数字出現の流れが存在しており、そんなときは流れが存在する一点を集中して買う方法が有効である。
簡単に触れたが、第385回で私が行うのはこの集中買いで、流れがある場合に有効な方法である。

状況に合わせた予想選定は、非常に重要なポイントであり、うまく数字の流れに乗ることができるならば、決められた予算で、多くの見返りが期待できる。ハイリターン、ローリスクである。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6抽選結果/第384回 

抽選本数字 : 17 19 20 22 33 41
ボーナス数字 : 35

どうも、似たようなところに数字が集まり、一つの流れを形成し始めている。
とはいえ、分散を想定した分散出現も見事にはずれてしまった。

流れができたことで、今後の数字選定にかなりの変更が必要になってくる。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

ロト6予想選定範囲/第384回 

01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24 25 26 27 28 29 30 41 42 43


選定センスの無さを100%の確率で発揮しそうな第384回。集中の連続発生も考えられるが、私の脳内コンピューターが、集中は来ないと警笛を鳴らしている。

さて、課題となる分散からの集中に対応するべく、現在も有効となる選定方法を模索してはいるのだが、いい対策法が思い浮かばない。
分散出現と仮定した場合、上述の予想選定範囲外からの出現をうまく捉えることも重要な要素の一つとなる。

1等当選予想を探せ!→◆人気ブログランキング◆

ロト6には予想法がある!→【LOTO Japan plus/ロトジャパンプラス】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。